ゴミのポイ捨て摘発 最高107万元を受領

 台東縣政府では街の景観保護を目的に、廃棄物の違法投棄案件の摘発を奨励。摘発した人に賞金を授与しているが、昨年最高で107万元を受け取った市民がいることを明らかにした。

 台東縣環境保護局ではタバコの吸い殻のポイ捨て、檳榔の汁を路上に吐くといった悪習が多く見られ、2003年に同法を設置。過去18年間での検挙数は1万7763件、罰金額は2000万元以上にのぼった。

 罰金額は1200~6000元で、摘発した場合の賞金は罰金額の60%だったが、昨年30%に減額された。一昨年の最高受領額は67万1000元、昨年は107万60元だった。

(9月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市議会の游淑慧・市議が10月5日(火)、近頃台湾で人気を呼んでいる韓国ドラマ「イカ…
  2.  近頃ネット上の掲示板で「最も立地選択を誤った高鐵(新幹線)駅」についての質問が投稿され、多…
  3.  中央流行感染症指揮センターは10月6日(水)、先日新型コロナウ…
PAGE TOP