宜蘭で観光バスが衝突事故 下り坂カーブで運転士過失か

 宜蘭縣東澳路区間で3月16日(火)16時半頃、観光バスが擁壁に衝突し、6人が死亡39人が重軽傷を負う事故が発生した。

 消防局によるとこのバスに乗車していたのは新北市新店区復興里に住む町民で、町内会旅行の参加者。町民らは3台のバスに分かれて乗車し、同日午前に花蓮を出発、新北への帰路で3台目のバスが事故を起こした。バスは運転席の正面が破損したほか、左側側部に約4㍍の大きな穴が開いており、死亡したのはいずれも左右側5~7列目に座っていた乗客だという。

 現場は下り坂のカーブで、乗客によるとバスの車体が大きく揺れ不審に思ったところ、まもなく衝突した。運転士も頭部と胸部、脚にけがを負ったが意識はあり、調べに対しブレーキを踏み損なったと話し、責任を感じて精神的に不安定な状態。

 犠牲者は21歳~78歳の6名で、家族や友人と共に参加。同日深夜、遺族らは事故現場を訪れ鎮魂の儀式を行った。

(3月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP