コーヒー3杯で275元 コンビニ店員が老人騙す

 雲林縣に住む男性が12月8日(火)、近所のコンビニでコーヒー3杯を購入したところ、店員が「5杯購入で5杯サービス」の優待を利用し残り7杯分を着服するという出来事があった。

 男性は同日病院を受診した後、院内のコンビニでコーヒーを購入。帰宅後に家族がレシートを確認すると275元と記載されており、不審に思った孫娘がアプリでレシートの詳細を確認すると「買5送5」の優待が適用され5杯分を支払ったことがわかった。

 孫娘はレシートを持参しコンビニを再訪。店員は「残り7杯分は携帯の会員アプリに入れた」とごまかしたが、祖父はスマホを持っておらず、店員自身のスマホアプリに入っているのが発覚した。

(12月9日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP