故宮博物院に併設の売店 売上8割減でソニー傘下に

 ソニー傘下の「台灣碩網網路娯楽股份有限公司」が、12月1日(火)より故宮博物院の館内に併設される売店の運営を手掛けることがわかった。

 故宮博物院では新型コロナウイルスの影響で来館者数が激減。併設の売店も売上が通常時より8割減少し、売店を運営していた「時藝多媒體」が8月4日で契約を満了し、継続の意思がないことを示していた。

 「台灣碩網」は台湾でインターネット事業のほか、情報セキュリティやモバイル用ゲームなどを手掛けており、今後博物院の売店の運営実務のほか、オンラインショップも運営する。

(12月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP