薬局で中衛マスク山積み 購入条件のハードル高く

新北市三重区にある薬局で、近頃台湾の医療用品ブランド「CSD中衛」製のマスクを一度の会計額が3999元を超えた場合の条件付きで追加購入可能とされていることがわかった。

ある女性が8月22日(土)に同薬局を訪れたところ、売り切れが続出しているはずのマスクが山積みで売られているのを発見。あるところにはあるものだ、と思い2箱手に取った後で、添えられたPOP広告に「一度の会計で満3999元消費すると追加購入可」と書かれているのに気づき棚に戻したという。

ネット上では、薬局の手法は詐欺でも高額転売でもないが、腑に落ちないといった意見がみられた。

(8月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行感染症指揮センターは10月21日(水)の会見で、台湾から日本へ入国した3人に新型コロナウイル…
  2. セレブ気分が味わえるトータルビューティサロン台湾では体毛は気にしない…
  3. 死者18人を出した特急列車「普悠瑪號」6432便による脱線事故から丸2年となった10月21日(水)、…
PAGE TOP