鶏1500羽が死亡 爆竹の音に驚きパニック

雲林縣口湖郷にある養鶏場で、2月4日(月)大晦日(除夕)の夜、大量の爆竹音に驚いた鶏約1500羽が死ぬという出来事があった。
経営者によると、この養鶏場では1万5000羽の鶏を養育。年越し前に出荷する予定だったが、販売者の都合で年明け後の出荷に変更された。4日(月)20時頃、家族で夕食をとっていると隣人から、爆竹に鶏が驚いてパニック状態との連絡を受けた。急いで鶏舎に行ってみると、鶏は互いに踏み潰し合い約1500羽が圧死していたという。
経営者夫妻は、鶏が大きな音に驚くのは周知の事実で、これまでにも爆竹などを使う場合は先に知らせがあり対策をとってきたという。損害額は30万元にものぼる。
(2月5日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP