香港人夫婦が台東の民宿で自殺 遺書残すも明確な理由は不明

台東縣卑南鄉にある民宿に宿泊中の香港籍の夫婦が6月20日(土)、屋外に停めた車の中で遺体で見つかった。ともに自殺とみられ、警察では調査を進めている。

民宿の経営者によると2人は50歳代で、前日にチェックイン。当時は特段変わった様子もなく、スタッフと談笑し「新型ウイルスから逃れて台湾に来た」「自転車で台湾を1周する」などと話していたという。

2人が亡くなったのは民宿の経営者が所有するキャンピングカーの車内で、経営者は2人が民宿の経営に配慮し車内を選んだと推定。しかしながら車両は廃車にし、現在すでに受けている予約もキャンセル、廃業する意向。現場には手書きのメモが遺書として残されており、臓器提供を希望すること、迷惑をかけ申し訳ないなどと書かれていたが、自殺の原因については触れられていなかったという。

移民署の職員は、現在の香港の状況を受け2人が絶望し☠を選んだとみているものの、警察ではいずれも明らかになっていないとして捜査を進めている。

(6月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターが、さらに拡大している。中央流行感…
  2. デパート・モール 微風 新光三越 遠東百貨 誠品 その他…
  3. 飲食・美容(エリア別) 台北駅/中山/南京東路 古亭/台電大樓/公館…
PAGE TOP