香港から入境の香港人女性 専用車両の乗車規定遵守せず

3月8日(日)、アメリカから台湾へ入境した香港人女性が、規定の検疫対策に従わず、一般のタクシーで空港から帰宅していたことがわかった。

女性は台南市在住で、今回はアメリカから香港を経由。台湾では中国や香港など指定地域から入境した者が帰宅する際「感染予防車両」の利用を義務付けている。しかしながら女性は長栄客運のバスに乗車しようとし、運転士に乗車を拒否されると口論に発展。運転士が空港警察に通報し、疾病管理署職員も説得に当たったが、女性は専用車両費用の持ち合わせがないとしてこれを拒否。7時間に渡り空港内に滞在した後、監視の隙をついて一般のタクシーで空港を離れた。

また彰化縣に住む女性が2月24日(月)に香港から戻った後、14日間の在宅健康管理規定を破り3月2日(月)、友人宅で発見され10万元の罰金を科されている。

(3月10日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市北投区に住む男性が3月21日(土)北京から入境した際、提出した書類に虚偽の電話番号や住所を記載…
  2. 丁寧なカウンセリングで安心の眉毛アートメイク昨今流行りの眉毛のアート…
  3. 本格NYスタイルピザ南京復興駅に隣接した「Urban One百貨」4階に昨年末オープ…
PAGE TOP