飲食店抜き取り調査 馬辣・欣葉で違反発覚

台北市衛生局は今年9月に実施した火鍋店に対する調査で、食べ放題チェーン店「馬辣」漢口店のメニューと実際に提供する具材に差異があるとして4万元の罰金を科した。
同店のメニューでは「マトウダイ」と記載してあるものが、実際にはナマズ目の淡水魚「バサ」を提供。そのほか中山区雙城街にある「欣葉」の2店舗で使用するレタスに、基準値を超過する残留農薬が検出された。
(11月12日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP