飛行機車輪に潜伏 外国籍の男、密航か

桃園国際空港で11月2日(土)14時頃、ベラルーシ籍の男が滑走路に侵入、離陸準備中の機体に潜伏しようとしているところを空港スタッフらに取り押さえられるという出来事があった。
男は13時35分台北発パラオ行きのチャイナエアラインCI28便前輪部分に身を潜めていたが、後方にいたアシアナ航空機のパイロットが発見し管制塔に報告。駆け付けた空港職員らによって拘束された。男は一言も言葉を発さず、移民署に移送。身分証も所持しておらず、指紋などから検索するも入国記録もなかったという。
気づかないまま離陸していた場合、上空で酸素不足または低温により死亡していた可能性があるという。
(11月2日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 歌手の詹雅雯が9月12日(土)に台北小巨蛋で開催したコンサートに、衛生福利部の陳時中部長がゲストで登…
  2. 中山医学大学付属病院の謝宗學・主任医師は9月14日(火)、自身のFacebookページに「政府は知育…
  3. 日本のくら寿司株式会社の子会社である「アジアくら寿司」が9月17日(木)、台湾証券市場「タイペイエク…
PAGE TOP