量販店、ネットでマスク販売 限定カラー人気で売り切れに

中央流行感染症情況指揮センターが6月1日(月)よりマスクの購入制限や国外への発送を解禁したことを受け、ネットショッピングサイトやスーパーなど小売各店でマスクの自由販売がスタートしている。

Yahoo奇摩購物中心では2日(火)22時よりサージカルマスクを発売。「csd中衛(中國衛生材料生産中心股份有限公司)」社製のマスク単色1箱50枚入りを300元にて、柄入りを499元にて販売し、いずれも1人当たり1箱までとした。またPchome24h、東森購物網、momo購物網などネットショップのほか、家楽福や全聯のスーパーでも同社製サージカルマスクを1枚当たり4~6元程度で発売。しかしながらいずれも発売から数分で売り切れる事態となった。

同社では限定色のオレンジや黄緑、デニムブルーなど各色の詰め合わせボックスのほか、迷彩、蝶、チェック、雪の結晶などバラエティに富んだデザインのマスクを量産。メディアでは、今後マスクが服飾品の一部として常用されるとの指摘もある。

(6月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台南市の花園夜市で、少女が深夜まで菓子を売る姿が目撃され、議論を醸している。ある女性が11月…
  2. 経済部は11月16日(月)、第4季困窮者対策として、製造業及び技術サービス業労働者への給与と運営資金…
  3. 痛みに弱い私でも程よいと感じるギリギリの効果あり施術普段パソコンやタ…
PAGE TOP