連休のラッシュ回避で優待 日月潭に1日2万7000人

 

中秋節・国慶節の連休最終日となった10月10日(火)、交通部はラッシュ緩和を目的に、比較的通行量の少ない6時~11時の国道通行料を3割引きとする第二次優待を実施、端午節や二二八の休暇と比較し車両通行量がそれぞれ7.5%、9.4%増加した。

国道高速公路局によると、今回の休暇による第一次優待は連休初日の14時~19時に実施。北部から南下する車両通行量はほか休暇時より8%ほど増加したが、そのほかの路線は大きく伸びなかった。優待を適用しないラッシュアワーの通行量もわずか3%増に留まった。

景勝地として名高い南投縣の日月潭では、7日(土)~10日(火)の4日間で8万人が訪れ、中でも8日(日)は1日で2万7000人を記録。昨年の1日当たりの最高値1万7000人を大きく上回った。

一方、高雄市警察は9日(月)、大規模な酒酔い運転の取り締まりを行い、摘発数は1日で215件に達した。なお同警察によると、管轄区域内での連休中の酒酔い運転による事故は7件。

(10月10日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP