通り魔被害者の姉制作アニメ 国際アニメフェスノミネート

 

2016年3月、台北市内湖区で発生した通り魔事件の被害者少女の姉が、妹への思いを込めた短編アニメ作品「来不及説再見(もうさよならは言えない)」の制作に参加。今年10月に開幕する「台中国際動画影展」に出品したところ「国際短編部門」のノミネート作品に選ばれた。

事件当時、被害者の少女は4歳。5歳上の姉は妹が生まれる前、エコー写真で見た胎内の姿が光る電球のようだったことから〝小燈泡〟と呼び始めたこと、生まれてからの2人の思い出、事件が起きた日のこと、妹を失った家族のこと、1年を経た現在の心境などを口述。涙を堪え凛と語る声に、視聴者は賞賛と声援を送っている。

(8月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新北市樹林区の派出所に勤務する21歳の男性警官が、8月2日(日)午前0時頃、無免許運転のバイクにはね…
  2. 中央流行感染症指揮センターは8月5日(水)の会見で、日本を「中低感染リスク国家」リストから除外。同時…
  3. こだわりの窯焼きピッツァ敦化南路はシャングリラホテルの裏手に、異国のレストランが集ま…
PAGE TOP