身分証なしの落とし物財布 レシートから落とし主発見

屏東縣佳冬郷にある派出所で、近頃身分を証明するものが一切入っていない財布の落し物が届けられたが、派出所に勤務する警察官らが中のレシート類から持ち主を探し当てるという出来事があった。
落とし主によると財布は派出所近くの小路で発見。中には現金5800元のほかレシートが30枚ほど入っていた。警察官はレシートにあったコンビニに出向き、精算時間前後の監視カメラ映像を確認。映像は不鮮明だったが、レシートの購入物から近くの高校に通う学生と断定、高校に連絡して協力を仰ぎ、無事落とし主を探し当てた。
(12月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP