買い物袋の有償化 来年から14業種に拡大

 

行政院環境保護署は9月5日(火)、買い物時にプラスティックバッグを有償で提供する店舗の種類を来年1月1日より拡大、現在の7業種から14業種へ引き上げることを明らかにした。

有償化対象となるのはドリンクスタンドやパン店など。ドリンクのデリバリーなど、業者が袋を回収せず顧客に譲渡する場合も、料金を上乗せして徴収する。

同署廃棄物管理處處長によると、プラスティックバックの有償化範囲拡大に関し、一般市民からはすでに支持を得ているという。ドリンクスタンド業者や書く地方環境保護局とさらなる協議を重ね、市民の協力を得て違反店舗の摘発も強化していく。

(9月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新北市土城区に住む男性が、人気のスマホゲーム「ポケモンGo」のプレイ用に自転車を改造、スマートフォン…
  2. 新北市蘆洲区にて6月19日(金)16時頃、女性が運転する自家用車に男が乗り込み、女性を刃物で脅し強盗…
  3. 最高裁長官が5月29日(金)、「姦通罪」を違憲と判断したのを受け、台湾民意基金会は6月22日(月)、…
PAGE TOP