老舗の朝食店値上げ メニュー数は減少へ

 

台北市中正区にある朝食店が、1月1日(月)より11年間据え置きだった商品価格を引き上げ、常連客らに不満が広がっている。

同店は老舗の有名店で、100元で饅頭やビーフン、野菜炒め、お粥など朝食メニューを食べ放題としている。しかしながらこの度30元の値上げとメニューの縮小が発覚し、近隣に住む常連客らは不満を訴えた。これに対し店側は「近年人件費がかさむようになり、毎月20万元の損失を抱えている」と主張。値上げによりやっと損益分岐点に達するとして、消費者に理解を求めた。

台湾ではコスト上昇に苦しむ老舗店が、閉店または値上げするケースが増えている。

(1月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP