空港MRT輸送量 1日7・5万人を記録

台北市内から桃園国際空港を結ぶ「機場捷運」が、12月の統計によると1日当たりの乗客輸送量がのべ7万5000人を記録、目標数を達成したことがわかった。
桃園市では近年居住人口が増加しており、今後7年間で255万人に達する見込み。副市長・游建華氏によると、今年の1日当たりの平均輸送量はのべ6万2000人。また既存のMRT延長計画についても順調と報告した。
(12月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区のコンビニで11月21日(日)、スタッフがマスクの着用を促したところ、激高し…
  2. 広島お好み焼き2号店 赤峰街の広島お好み焼き専門店「赤鐵」が、MRT民権西路駅そばに…
  3. 1 ワクチン混合接種、予約フォーム不要に 人気はBNT2 春節期間の防疫タ…
PAGE TOP