派出所電光マーカー 不適切な文言表示

 

彰化縣二水郷にある派出所で、6月17日(日)、入口上部に掲げられた電光マーカーに下品な文言が表示されたのを近隣住民が目撃し、ネット上で公開。たちまち物議を醸し批判が集中している。

目撃者は同日夜、田中分局源泉派出所近辺を通行した際、問題の表示を発見。「ハッキングされたのか、もしくは…?」とコメントを添えFacebook上にて画像を公開した。

電光マーカーは本来、住民の注意や安全を呼び掛けることなどを目的に使用されるもの。警察によると、PCや携帯アプリから文字を打ち込むと表示されるシステムで、警官の1人が夜間に接続状態のテストを行った際、文言の〝誤植〟があったと説明。当該の警官は懲戒処分としたという。

(6月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  2. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
  3. 台湾政府が推し進めるクーポン「振興券」のネット予約が7月1日(水)、スタート。同日10時半までに予約…
PAGE TOP