松菸で三度の発砲事件 暴力団絡み絶えず

 

台北市信義区の「台北文創大楼(通称:松菸大楼)」にて2月27日(火)、発砲事件が発生。22歳の暴力団員の男が同日、弁護士を伴い自首した。

同ビルでは昨年11月1日(水)と今年1月19日(金)にも発砲事件が発生。1月は同日犯人が逮捕されたが、11月の案件では1カ月以上に及ぶ捜査の末に犯人を特定した。警察では暴力団による度重なる事件の全容を明らかにすべく捜査を進めている。

(2月28日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 中央流行感染症指揮センターは7月3日(金)に台湾を経由し香港へ渡ったフィリピン籍の乗客が香港で新型コ…
  2. 本場スペインバル今年5月、オープン2周年を迎えた「カサ・デ・アミーゴス」は、スペイン…
  3. 先週のニュース トップ51 新東陽の工場に抜き打ち検査 「魚鬆」原料に虚…
PAGE TOP