新荘のコンビニ強盗 店員にけが負わせ起訴

 

新北市新荘区のコンビニで今年2月、アルバイト店員が強盗に抵抗し腕を切られた件で、新北市地方検察書は8月30日(水)、強盗に殺意があったとして犯人の17歳少年を強盗及び傷害罪で起訴した。

事件当時、犯人は店員の青年にレジ内の金を出すよう要求。しかしこれを拒否されたばかりか、青年に陳列棚まで押し返されたことに憤慨し、胸元からスイカ包丁を取り出し、青年の頭部へ向け振り下ろした。青年は左手で頭部をかばい、腕に30㌢に渡る深い傷を負ったが、さらにレジに向かった犯人を倒し通報。

医師によると腕の傷は深く、13時間に及ぶ手術が行われたが、機能は6割程度しか回復せず、障がいが残ると話している。

(8月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスの影響で延期となっていた南港区のコンサートホール「台北流行音楽センター」が、9月5…
  2. COVID-19の感染状況沈静化に伴い、文化局や観光伝播局では文化・芸術関連施設での振興プランを促進…
  3. 台北市内のカフェで近頃、オーナーが店内で飼っているアライグマに犬をけしかけており、動物虐待に当たると…
PAGE TOP