室内に生コンが侵入 便器が半没の惨劇

賃貸アパートに近所の施工で使用していた液状の生コンクリートがなだれ込み、キッチン、トイレ、リビングに堆積した写真が話題となっている。
フェイスブック上の掲示板「爆怨公社」に投稿された記事によると、投稿者の部屋には生コンクリートが数十㌢の高さまで侵入、家具の下部は埋もれ、鉄製の玄関ドアはグニャリと歪み、トイレの便器は半分埋もれた状態。投稿者は「玄関も破壊されてこんな状態に。後ろからまだ流れてくる」と書き込んでいる。
ネットでは「洋式便所が和式便所に変わってる」、「土石流が発生したのかと思った」など驚きと同情のコメントが相次いでいる。
(11月6日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. スターラックス航空(星宇航空)は7月27日(月)、この夏に桃園発澎湖、金門、台東線のチャーター便を運…
  2. 桃園市中壢区にある公共プールで、7月25日(土)、男性が子どもの首をつかみ水の中に押し込む様子が目撃…
  3. マスクなど医療用品を製造・販売する「csd中衛」が、8月1日(土)より込めディズニーのアニメ映画「ア…
PAGE TOP