妻への誕生日プレゼント いいね×1元が誤算に

南投縣草屯鎮に住む男性が、妻の誕生日に「いいねの数×1元をプレゼントする」とネットに投稿。2時間で3万5000件の「いいね」が付き3万5000元を妻に贈るという出来事があった。
男性は同日23時、2時間の制限を設け「今年は節約できる」などと書き込んだ。ところが翌1時、ページを見ると3万5000人の「いいね」が押されており、驚きのあまり声も出なかったという。男性は負けを認め、紅包に「感謝はネット上のみんなに」と書きヘソクリをすべて入れ妻に渡した。
なお妻は夫と封筒のお金の写真を投稿、「いいね」を押してくれた人々に感謝を綴った。
(7月17日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 掲示警察局駐外連絡官の報告によると、昨年12月までに国外で薬物関連の犯罪により身柄を拘束されている台…
  2. 説明しよう! 「手紙」は中国語では「トイレットペーパー」のことを指すものである。日本語であれ中国語…
  3. ネット掲示板では近頃、年末ボーナス額を報告し合い各業界の差異を比較する現象が起きている。ある…
PAGE TOP