大気汚染の防止対策 工場排煙で汚染賦課金

 

環境保護署は近頃、工場排煙対策として、PM2.5を排出する工場に対し来年にも大気汚染賦課金を徴収することを明らかにした。

428の工場を有する高雄市は、1年当たり1.4億元の収入増となる。環境保護局によるとPM2.5の排出量は5500トン以上、賦課金に置き換えると2億3千万元にのぼるが、実際の徴収額は6割にとどまっている。

また屏東縣でも取り締まりを強化し、ドローンによる空撮監視を行ったところ、違法な焚火が複数件摘発された。

(11月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 苗栗縣竹南鎮に住む女性が、近頃ネットでマスクを購入したところ、マスクではなく古紙や段ボールなどゴミが…
  2. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  3. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
PAGE TOP