台風で川に転落の郵便局員 郵便物を乾かして再配達

台中市の郵便局員が8月13日(火)大雨により濡れた郵便物をドライヤーで乾かし受け取り人へ届けたとのニュースが注目を集めている。
郵便局員は37歳。同日台風による大雨と強風に見舞われる中バイクで郵便物の配送業務を行っていたが、3分の1を配送したところで雨で路面が滑りバイクごと川へ転落した。駆け付けた警察の助けを得てバイクを引き上げたが、バイクに積んだ約200通、20㌔に及ぶ郵便物はすべて水に濡れ、局へ持ち帰った。
同局員は同僚とともに1日を費やし、1通ずつドライヤーで乾燥させ、1日遅れで再配達したという。
(8月13日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP