台湾出身の米軍人 スパイ容疑で拘留

 

台湾出身で米国海軍に所属する軍人・エドワード・リン(林介良)が中台間のスパイ容疑をかけられている件で、6月3日(土)、海軍は9年の懲役を課した。

リンは昨年4月、ノーフォーク基地で逮捕。起訴状によると、2006年よりスパイ行為に及んでおり、2度に渡って中国にアメリカの軍事機密を漏洩したという。漏洩内容は、アメリカが中国の暗号や情報を収集する方法であり、最高軍事機密に該当。しかしながら情報の提供先が中国大陸であるか、台湾であるかは不明とされた。

またリンは軍との協議に応じ、6年に減刑される可能性もある。

(6月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP