台湾中部玉山で2cmの積雪 冷気団と大気中水分上昇

 

台湾中央気象局によると、台湾中部の玉山にて12月7日(木)0時30分頃から降雪があり、2cmほど積もったことがわかった。

同日、玉山周辺は微弱な冷気団に包まれており、気温は0度を下回った。また湿度が高いことから0時30分から2時頃にかけて降雪があった。気象局予報員・李孟軒によると同日朝から昼頃にかけて気温は上昇したものの、空気中の水分が多いため玉山では1日中降雪の可能性があったという。

一方、花蓮縣と南投縣の境界に位置する合歡山では十分な条件が揃わず、降雪は見られなかった。

(12月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新北市樹林区の派出所に勤務する21歳の男性警官が、8月2日(日)午前0時頃、無免許運転のバイクにはね…
  2. 中央流行感染症指揮センターは8月5日(水)の会見で、日本を「中低感染リスク国家」リストから除外。同時…
  3. こだわりの窯焼きピッツァ敦化南路はシャングリラホテルの裏手に、異国のレストランが集ま…
PAGE TOP