台南の古城・旧跡ガイド 時給300元で新規募集

 

台南市政府は近頃、市内の名所旧跡の観光サービスの品質向上を目的に、解説スタッフを時給300元の好条件で募集。

破格の給与に注目が集まっている。

市政府は観光客に対し、歴史や文化への見識をより一層深めたいとして、安平樹屋、赤崁樓、億載金城、安平古堡の4スポットに専門の解説スタッフを常駐させる予定。応募は9月25日(月)を〆切とし、文化局の解説員認証を有する者が応募できる。採用は20人。

文化局によると、台南市は22カ所の国定旧跡を有し、国内トップ。前述の4スポットは中でも人気が高く、歴史的にも重要な位置を占めるという。

(9月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP