南西部の汚染悪化 公共交通を無償化

 

高雄市政府は大気汚染対策の一環で12月1日(金)~2018年2月28日(水)の3カ月間、公共交通の乗車賃を無償措置を実施することを明らかにした。

高雄市政府環境保護局によると、南西部では秋冬季の大気汚染が深刻化。公共交通の無償化に関し、バスやライトレール(環状軽軌)は全時間帯、MRTは平日の6時半~8時半、16時半~18時半のラッシュアワーのみ実施。バイクや車での通勤者にも公共交通を利用してもらう目的。

同局長は今回の措置に対し、二酸化炭素1万6000tの排出量削減を見込んでおり、2億1000万元の予算を大気汚染基金から当てると話している。

(11月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 世界各地で新型コロナウイルス(covid-19)の感染が進む中、台湾児童感染症医学会理事長の李秉穎氏…
  2. 仏仕込みの本格ケーキ大直駅から徒歩8分、昔ながらのアパート「公寓」が立ち並ぶ大直街沿…
  3. 横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客の間で新型コロナウイルス(COVID-…
PAGE TOP