伝統芸能の製作者 隣人に騒音で賠償

桃園市に住む伝統芸能の美術製作者が、騒音で隣人に訴えられ、2月13日(水)裁判所は同男性に5万元の賠償を命じた。
男性は布袋戯や歌仔戯など伝統芸能の背景画を手掛ける。近年は斜陽産業となり、稼ぐために日夜を問わず製作に勤しんでいたところ、隣人が騒音で訴えた。男性のアトリエで音量を計測したところ、日中・夜間とも住宅地の基準を超える数値が検出された。
(2月13日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新北市樹林区の派出所に勤務する21歳の男性警官が、8月2日(日)午前0時頃、無免許運転のバイクにはね…
  2. 中央流行感染症指揮センターは8月5日(水)の会見で、日本を「中低感染リスク国家」リストから除外。同時…
  3. こだわりの窯焼きピッツァ敦化南路はシャングリラホテルの裏手に、異国のレストランが集ま…
PAGE TOP