今年初の大型台風が接近 沿岸警備隊、画像で警告発令

台風5号「ダナス」の影響で荒れる海を観に行く人が多発するのを懸念し、沿岸警備隊は7月17日(水)、公式Facebookページにて注意喚起の内容を投稿。合わせて公開された映画ポスター風の画像がユニークだとして注目を集めている。
警備隊によると、台風接近時に危険を承知で海岸線へ見物や撮影に出かける人がいるため、同画像を作成し公開したという。画像には海から襲ってくる怪物の絵とタイトル「ダナス」のほか、キャッチコピー「最前列での観賞お断り、沿岸警備隊からの注意喚起、罰金は5万元〜」と書かれている。
今回の台風「ダナス」の影響により台東縣政府は同日18時、蘭嶼及び緑島の出勤・通学停止命令を発布。気象局の進路予測によると、台風は台東の東側沖から朝鮮半島方向へ北上しており、台湾本土へは上陸しない見込み。
(7月17日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP