ミシュラン19年版発表 若き日本人シェフ1ツ星に

台北市内で4月10日(水)、「ミシュランガイド2019」台北版の発表会と受賞式が行われ、唯一の3ツ星には昨年に引き続き広東料理の「頤宮ル・パレ」が輝いた。
スター獲得店は1ツ星が18店、2ツ星が5店、3ツ星が1店の計24店。各店のシェフらは、ミシュランガイド国際責任者グウェンダル・プレネック氏から賞を受け取ると顔をほころばせていた。
今回は「山海樓」、「台南擔仔麵」など5店が新たに選出され、最年少の36歳で受賞した「logy」の日本人シェフ・田原諒悟氏は1ツ星の栄誉を受け「2ツ星を目指す」と意気込みを語った。
(4月10日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. コロナウイルスの影響で孤立状態にある武漢市への応援ムービー「讓世界充滿愛」が、ドイツの学生らによって…
  2. 台湾時間2月10日(月)9時からアメリカロサンゼルスで行われた「第92回アカデミー賞」受賞式で、過去…
  3. 近頃「マスクの次はトイレットペーパーが品薄になる」との噂が拡散し、トイレットペーパーの買い占めが起き…
PAGE TOP