マンゴーで酒気帯び 台東の男性3袋で摘発

台東に住む男性が、近頃バイクを運転しながらドライマンゴーを食べていたところ、呼気から規定値を超えるアルコールが検出されるという出来事があった。
男性はバイクで市内を移動中、交通法規に違反しUターンするバイクと接触しかけるという状況が発生。事故には至らなかったものの、警察に通報し現場処理をしていた際、双方のアルコール検査で男性の呼気1㍑当たり0・16㍉グラムのアルコールが検出され、酒気帯び運転と判断された。男性は飲酒していないとして抗議したが、マンゴー自体からも微量のアルコールが検出され、大量に食べたことで規定値を超えたものとみられる。
(12月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP