マスクの政府収用12月まで 化粧品の売上、世界で30%下降

中央流行感染症指揮センターは6月30日(火)、国内で生産するマスクの収用措置を12月末まで継続することを明らかにした。

台湾では今年1月よりマスクの輸出を全面禁止、すべてを政府が収用し買い占めや転売を抑制。6月以降は毎日2000万枚を生産、うち800万枚を収用してきた。しかしウイルスの感染状況が穏やかになるにつれ、マスクの着用率が低下した一方、インフルエンザの感染率は上昇。先週のインフルエンザ外来を訪れた人がのべ1万7350人で前週比6.3%増となったことがわかった。

なおアメリカのニュースチャンネル「フォックス・ビジネス」の報道によると、在宅勤務や外出時のマスク着用により、化粧品の売り上げが世界的に30%下落したことがわかった。中でも中国での2月の売上が80%ダウンと大きく、アメリカではこの状況が続けば35%に達するという。

(7月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 長期に渡り国外に滞在している国民が、少額の健康保険料のみを支払い医療サービスを受けている件について、…
  2. 頭から足までスッキリ仕事から直行もOK台北駅から徒歩圏内でアクセス抜…
  3. 高雄市林園区に住む40歳代の女性が中国から帰国後、自宅隔離期間中の9月21日(月)に遺体で見つかった…
PAGE TOP