フード配達の受け取り 隔離中の外出に相当?

桃園市蘆竹区に住む男性が、自宅検疫・隔離中にフードデリバリーをオーダーし、居住するマンションのロビーで商品を受け取っていたことが同マンション管理委員会の通報で発覚した。

男性は隔離状態のため外出できず、食事はフードデリバリー頼み。一方で同マンションではセキュリティに力を入れており、訪問があった場合は居住者がロビーで迎えるシステムになっているという。

隔離期間中の外出は10万~100万元の罰金対象だが、桃園市政府衛生局では今回のケースを特例とみて、マスク着用の有無、接触人数、故意であったかなどを調べ罰金額を決定する方針。

(4月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 長期に渡り国外に滞在している国民が、少額の健康保険料のみを支払い医療サービスを受けている件について、…
  2. 頭から足までスッキリ仕事から直行もOK台北駅から徒歩圏内でアクセス抜…
  3. 高雄市林園区に住む40歳代の女性が中国から帰国後、自宅隔離期間中の9月21日(月)に遺体で見つかった…
PAGE TOP