ビル9階からハンマー落下 幼稚園児の頭部に直撃・負傷

新北市新店区のビルで4年前、9階から落下したハンマーが幼稚園児の頭部に直撃し園児を負傷させた件で、高等法院は10月22日(火)、現場で作業に当たっていた男に対し懲役4カ月、執行猶予2年、ビルの所有会社董事長に園児への賠償金620万元の支払いを命じた。
事故は2015年11月17日午後に発生。男は教育機関のビル9階ベランダの補修作業を行っていた際、使用していたハンマーを誤って落下させ、階下の幼稚園で授業を受けていた4歳女児の頭部を負傷させた。女児は脳出血及び脳神経の損傷などがみられたが、現在は徐々に回復しているという。
(10月23日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市内で6月21日(日)、建設現場作業員の男性が、バイクで通りかかった男に通行止めであることを伝え…
  2. 台東縣卑南鄉にある民宿に宿泊中の香港籍の夫婦が6月20日(土)、屋外に停めた車の中で遺体で見つかった…
  3. 隠れ家的オシャレ店前から一度…
PAGE TOP