バックパック夫婦 子連れでアジア旅行

 

高雄市に住む夫婦が6月21日(水)より「子どもと一緒に世界を見たい」として仕事を辞め、2カ月間の東南アジアバックパック旅行に出発する。

夫婦はともに不動産業を営んでおり、いずれも業績は好調、年間約20件程度の成約率を誇る。今回は家を売却し150万元の旅行資金を得て、3人の子どもを連れタイ・シンガポール・マレーシアを周る。子どもはタイで幼稚園に通わせる計画もあり、突発的な状況に備え保険などすべて準備万端で今回の旅行に臨むという。

2人は過去にも9カ月に渡り、資金130万元でヨーロッパやアメリカ大陸など23カ国を巡っている。

(6月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP