デリバリーで閉店 手数料で経営圧迫か

基隆市にある人気の飲食店が、近頃フードデリバリーサービスに加盟したことにより経営状態が悪化、先月末で閉店していたことがわかった。
同店は地元で人気の麺を提供する食堂で、7月にフードデリバリーサービスに加盟。注文のうち4分の1をデリバリーが占めていたが、売り上げの3割はシステム会社の取り分となり、次第に経営が圧迫されるようになった。同月の売上は昨年同期比で4万元減少、店舗の賃貸料に加えスタッフの給与、水道光熱費などが支払えず閉店を決めた。閉店後はスープのみ製造し調味料として販売、生計を立てているという。
なお報道によると、同様のケースからデリバリーの解約案件が相次いでいる。
(12月9日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市北投区に住む男性が3月21日(土)北京から入境した際、提出した書類に虚偽の電話番号や住所を記載…
  2. 丁寧なカウンセリングで安心の眉毛アートメイク昨今流行りの眉毛のアート…
  3. 本格NYスタイルピザ南京復興駅に隣接した「Urban One百貨」4階に昨年末オープ…
PAGE TOP