クレーンゲーム 高度テクで不起訴に

台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられていた件で、士林地方検察署はこの度、監視カメラの映像などから男性が純粋に優れたテクニックを持っているだけであるとして不起訴処分を決めた。

同店オーナーは一晩に3個の商品が立て続けて奪われ、監視カメラから不審な動きをしていた人物を特定。映像によると男性はゲーム機の前に立ち、コントロールスティックを左右に何度も動かしてアームを振り子のように大きく振り動かし、目的の商品を大きく掴ませることで獲得に成功。さらに商品がホールに引っかからないよう、下から手を入れキャッチしていた。

 

(9月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市政府環境保護局は3月30日(月)、マスクを路上に投棄した場合、最高で6000元の罰金を科すとし…
  2. 交通部観光局の幹部官僚が、近頃部下である職員を桃園国際空港に派遣し、自身の子どもを出迎えさせたために…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターは3月30日(月)、大人向けのマスク販売数を4月9日(木)より7日間で3…
PAGE TOP