エバー航空4部門入選 アジアのベストエアライン

 

旅行サイト「トリップ・アドバイザー」が4月9日(月)、航空会社ランキング「トラベラーズチョイス2018」を発表。「人気エアライン」4部門に台湾の航空会社「エバー航空」がランクインした。

同ランキングは旅行者のレビューに基づき評価するもの。エバーは世界のベストエアラインで5位、アジアのビジネス・プレミアムエコノミーで1位に選出、アジアの十大ベストエアラインにも認定された。

一方、近頃台湾全土で麻疹が流行する中、タイガー・エアの男性客室乗務員が罹患。衛生福利部疾病管制署は、同乗務員が発疹後も勤務を続けていた件について、処罰を検討している。

(4月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP