イギリス発「コンテナ型民宿」 条例違反で5業者に罰金

 

行政院消費者保護署は6月5日(火)、現行の「発展観光条例」に違反するとして「コンテナ型民宿」を運営する5業者を処罰することを明らかにした。

同署によると、近年の旅行ブームと相まって、台湾では民宿業を営む企業・個人が増加。中でもイギリス発祥の「コンテナ型」は資金やコストが抑えられるとして人気だが、台湾の条例ではすべて違反となる。

今回処罰されたのは台東縣の「老船長」、台南市の「時驛商業會館」、屏東縣の「1302海景民宿」など5軒、計24室。いずれも無許可での運営で、33万6000元の罰金が科された。

(6月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. カンボジアでの求人に応募した台湾人の若者らを狙った詐欺事件が、近頃相次いで報告され、航空警察局と刑事…
  2. 近年、SNSで大人気の「アフタヌーンティー」。スコーンにサンドイッチ、ペストリーを3…
  3. 東京の自由が丘に本店を置くこちらのお店。スフレパンケーキの有名店で、シンガポ…
PAGE TOP