〝せむし〟のお婆ちゃん 転んだ衝撃で直立

嘉義縣東石郷龍港村に住む84歳の女性が近頃、転倒した衝撃で長年曲がっていた背骨がまっすぐに戻るという出来事があった。
女性は長い間、背骨が弓なりに曲がる〝せむし〟の状態にあり、ここ5~6年はまっすぐ立つことができなかったという。視界が低くなるため物にぶつかることもしばしばあり、この日は柱にぶつかり後ろ向きに転倒。背中を打った衝撃で、曲がっていた背中がまっすぐに伸びた。医療機関や整体院などで診てもらったが、大きな問題もないという。
女性はひさしぶりの「直立」した生活を楽しんでおり、近隣住民らも「奇跡だ」として女性の回復を喜んでいる。
(3月19日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP