「BRUTUS」表紙台湾人に不評 写真変更ツールも登場

日本のマガジンハウス社が発行する「BRUTUS」7月15日(土)発行号の表紙について、台湾のネット上では「恥さらしだ」、「みっともない」などの声が寄せられている。

同号では台湾特集を組んでおり、表紙には台南の街の風景を配した。しかしながら台湾人にとっては雑然とした風景であり、特別感もなくまた段差が多く障がい者にとっても不自由な街の姿をさらしているとの意見が上がった。これに対し台南市観光旅遊局長は「台湾のリアルな姿こそが日本人にとって魅力的に映ると信じている」とコメント。

一方、この表紙の写真を自分好みに変えられるツールがネット上に登場、台湾人が思い思いに楽しんでいる。

(7月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市亀山区にある障がい者福祉施設の職員に対し、桃園客運のバス運転手が暴言を放った件で、交通局長は3…
  2. アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの呼称を「中国ウイルス」などと発言したことを受け、アメリ…
  3. 中央流行疫病情況指揮センターが3月19日(木)より外国人の入境を禁じたことを受け、桃園空港では同日早…
PAGE TOP