李ファミリーの withコロナライフレポート 第2回 ~いろいろ準備編~

帰国を決心したのは7月末。9月の頭には出発したいと思っていた。なぜなら北海道は、早ければ10月には雪が降る。何が大変って、まず3人分の冬服! ただでさえ長期子連れで荷物が膨らむのに! それに私の実家は新千歳空港からさらに200㌔、その間の移動も雪で通行止めや遅延でヒヤヒヤだ。そしてワタシ、寒いのキライ! だから台湾にキタ!

まずは一番時間がかかりそうな台湾人オットのビザ申請から。いつもはノービザなのに…取り急ぎ訪れた交流協会でも「3~4週間かかるかも」などと言われ焦る。わかってるのよ、タイ経由ですものね…。でも、スーパー親切なスタッフが「タイに書類を送るのは毎週●曜よ」と、そっとアドバイスをくれた。

提出した書類は、①日本から取り寄せた戸籍謄本(用心深い父が3通も送付)②銀行の残高証明(金ありゃいいんだろ! と定期預金口座を見せたら、月々の給与振込とか生活感ある口座が見たいの❤ と言われる)③証明写真(コンビニの写真用紙プリントはダメと言われ撮り直し)④申請書+日本隔離先や移動方法申告(え、全部今すぐ決めるの?)そんなに大量の書類じゃないのに、なんか疲れた…。

ムスメもこれを機に、日本のパスポートを所得することに。書類は戸籍謄本、証明写真、申請書のみ。ちなみに、可愛いムスメの大事な写真は、きちんと写真館で撮りました! 日本パスポートの方が諸々都合いいかなと思ったけど、実際はあんまり変わらなかったような。

次は日本入国への道のり。なんせコロナ野郎は育ち盛りなので、国の対応がコロコロ変わる。そして外務省HPの情報は必要最低限で、リンクからリンクに飛び目が回る。そこでとても役に立ったのが、2.5万人以上が登録する「return to japan support group」というFBのグループ。書類はもちろん、検疫・通関を時短できるTIPS、授乳室や自販機の有無、PCR用唾液が出せない子どもは? などデフォルト外のインフォが満載だ。しかも先週は、昨日は、と非常にアツアツな情報で信頼性も高い(ただし英語のみ)。

入国時に必要なのは①PCR陰性証明②誓約書(オンラインで記入&QRコード取得)③所在地確認用にアプリ(My SOSとCOCOA)インストール(9月現在)。はぁ、ちょっとは日本が近くなってきた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  台北市議会の游淑慧・市議が10月5日(火)、近頃台湾で人気を呼んでいる韓国ドラマ「イカ…
  2.  近頃ネット上の掲示板で「最も立地選択を誤った高鐵(新幹線)駅」についての質問が投稿され、多…
  3.  中央流行感染症指揮センターは10月6日(水)、先日新型コロナウ…
PAGE TOP