COLOR PALETTE ~色彩で輝くあなたに~Vol.7 陰陽五行説に基づく色のルーツ①

みなさんは「色」が「陰陽五行説」から生まれたことをご存じでしょうか?

日本では6世紀頃、中国から仏教や儒教とともに「陰陽五行説」という哲学・思想が導入されると、政治体制や律令制度、天文学、都市造営、宗教、生活文化にまで大きな影響を与えました。「陰陽五行説」とは紀元前350年頃、中国の思想家が提唱した思想で、宇宙は「陰陽」と「木、火、土、金、水」の5元素からなり、これらの「相生」と「相剋」によって循環しているという考え方です。

「相生」とは、木は火を生み出し、火は土となり、土は金を産し、金は水を発し、水は木を育てるというもの。これに反し「相剋」は互いに剋し合う関係で、木は土を裂き、土は水を堰き止め、水は火を消し、火は金を溶かし、金は木を伐るという関係で循環しています。

「木、火、土、金、水」の五行は「相生」と「相剋」を経て循環し、その五行は宇宙の森羅万象、すなわち色彩、方位、季節、内臓、星座、徳目、十干、十二支などに対応し配当されます。色彩に関していえば五行の「木、火、土、金、水」に対して「青(緑を含む)、赤、黄、白、黒」の五色が対応し、それぞれが季節の「春、夏、土用、秋、冬」と関連していくわけです。

さて、次回は日本と中国における基本色の概念と、生活への影響についてお話しします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港の関係者らの間で発生した新型コロナウイルスのクラスターを受け、中央流行感染症指揮センター…
  2. ユニークなドラム缶焼肉本店は韓国・ソウルにある創業68年の老舗焼肉店が、初の海外支店…
  3. 1 オミクロン株感染者の入国続く 帰省ピークは16日2 聯合医院中興院区の看護師2名が感染、…
PAGE TOP