【トリビア~ン台湾】Vol.14 バス挙手

なぜ台湾のバスは、停留所で待っていても手を上げない限り停まってくれないのでしょうか? 待っているのに素通りされてしまいました。

 

「上車舉手、下車按鈴(乗車は手を挙げて、降車はベルを押して)」という言葉があるように、交通ルールで決まっています。日本とは異なりますがトライしてみてください。

<解説>

バスの本数・便数がとっても多く便利な台北。その流れを円滑にするためにも、手を挙げる人も降車ボタンを押す人もいない停留所を飛ばす(停車しない)ことで、スピード化を図っています。なので、なかなか海外からの方や観光客の方には不慣れな点かもしれませんが、到着時間も電光掲示板に表示するなどとてもわかりやすいので、がんばってチャレンジしましょう!

バスには専用道があるので、渋滞時などタクシーより早く着くこともありますよ!

「即将進站」=Coming Soon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP