【今週もゴチになります】ほんみキッチン 本味洋食―洋食―

  

素材本来の味を

台北では数少ない和風オムライスや手捏ねハンバーグがイチオシのニューフェイス「ほんみキッチン」。「ほんみ」とは造語で、食材が持つ「本来の味」を知って欲しいというオーナー詹さんと、シェフReyesさんの想いに由来している。

日本で暮らした事のあるオーナー・詹さんの流暢な日本語に心がほころび、シェフ歴8年のReyesさんが腕を振るう料理たちに胃袋が喜ぶ。そんな「ほんみキッチン」は、SOGO復興店8階のイタリアン「TRASTEVERE」の日本人シェフの下で3年間修行を積んだ2人が、満を持してオープンさせたお店だ。

 ほっこりサービス

「デミグラスソースのオムライス」(270元)は3日間かけてじっくり煮込んだソースが、素材の味を邪魔しない濃度に仕上がっている。自家製のゆずドレッシングでさっぱりといただく「自家製手作りハンバーグ」(330元)や、毎日農家から直送される質のよい卵を使った「カルボナーラ」(270元)、栄養価の高いビーツを練り込み、赤い色がアクセントになった「キノコのニョッキ」(300元)もオススメだ。

目を楽しませてくれるのは、猫のクッキーをあしらった「ティラミス」(150元)や「黒ゴマレアチーズケーキ」(120元)など、旬の台湾フルーツを使った詹さんの手作りスイーツ。節分など日本独自のイベントに合わせたデコレーションも好評だ。

3日前までにリクエストすれば、要望に応じた食材を用いてスイーツや料理を用意してくれるという。おもてなしの精神がステキだ。

かわいらしい雰囲気の店内だが、アルコールの取り扱いもあり。期間限定のビールのキャンペーンはぜひ利用したい。日本語の得意なオーナーとゆっくり語らえば、知らずと夜も更けてゆくことだろう。

 

Info

住所 信義区忠孝東路四段553巷4號

TEL 02-2764-2306

営業時間 11時半~14時半(土日は~16時半)、17時半~21時(月曜休み)

席数 24席

予算 250元~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の世界貿易センターにて、「2018台湾美食展」が8月10日(金)~13日(月)の会期で催…
  2.   待望の2号店!光復南路の隠れ家的レストラン「ピュア・クッチーナ」が…
  3. 屏東縣「墾丁国家公園」敷地内の海岸で7月30日(月)、自殺を試みた40歳代の男性がサンゴ礁の隙間に身…
PAGE TOP