空港押収の電熱式たばこ 倉庫に5000本超える

財政部関務署は近頃、旅客4人の荷物から未申告の加熱式たばこ320本及び加熱器具4個を押収。うち1人が2日後に再び80本を持ち込もうとしていたことを公表した。

桃園機場税関によると、昨年から今年8月までに摘発・没収された加熱式たばこは5000本超、加熱器具は147個に及ぶという。衛生福利部國民健康署は今年3月、加熱式/電子たばこを正式に管理・規制対象とする「煙害防止法修正草案」を公示したが、未だ審議は行われていない。電熱式たばこは一般のたばこ製品に分類できず、一時的に押収するのみとなっている。

(9月4日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 鮮度のいい鶏を頑固にオークラホテル裏手の「頑・居酒屋」は、日本の焼鳥屋での修行を含め、この道…
  2. 日本の事故物件紹介サイト「大島てる」に台湾の物件9件が登録されていることがわかり、ネット上で注目を集…
  3. 中南部立法委員会は近頃、タバコの価格に対する市民の不満を受け、問題の解決に当たる方針を示した。…
PAGE TOP