空港押収の電熱式たばこ 倉庫に5000本超える

財政部関務署は近頃、旅客4人の荷物から未申告の加熱式たばこ320本及び加熱器具4個を押収。うち1人が2日後に再び80本を持ち込もうとしていたことを公表した。

桃園機場税関によると、昨年から今年8月までに摘発・没収された加熱式たばこは5000本超、加熱器具は147個に及ぶという。衛生福利部國民健康署は今年3月、加熱式/電子たばこを正式に管理・規制対象とする「煙害防止法修正草案」を公示したが、未だ審議は行われていない。電熱式たばこは一般のたばこ製品に分類できず、一時的に押収するのみとなっている。

(9月4日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 交通部は近頃、「道路交通違反管理統一罰則基準及び処理細則」の改正を完了。これによると来年1月1日…
  2. 新北市で高齢者の看護師として勤めるフィリピン人女性が、雇用主からセクハラを受けたとして訴えた件で…
  3. 台湾の映画監督・鈕承澤が12月5日(水)、新作「跑馬」の撮影中、女性スタッフに性的暴行を加えたと…
PAGE TOP