台湾ベスト電器全店撤収 代理会社、三菱エアコンへ

 

「アクション・エレクトロニクス(憶聲電子)」が12月7日(木)、日系家電量販店「倍適得電器(ベスト電器)」の解散を発表、25日(月)の臨時株主総会での決議を経て、台湾に展開する全17店を完全撤収する。

同社は2009年10月より倍適得電器の台湾における展開・運営を担ってきた。しかしながら近年、ほかの電器店が台頭したことで経営環境も大きく変化。今年11月末の財政資産報告にて負債額が明らかになり、解散と清算を決めた。

同社は来年以降の経営改善を念頭に、日本の三菱重工の空調設備代理を手がける川菱工業グループと提携し、台湾のエアコンシェアトップを目指すとしている。同社の家電ブランド「Kolin(歌林)」では近年エアコンの売れ行きが好調。来年は川菱の工業用、Kolinの家庭用ともに商品ラインナップを拡大し、20%の増益を見込んでいるという。

(12月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾中央選挙委員会は4月17日(火)、同性婚反対に関する3つの国民投票案が合法で…
  2. 2016年3月に台北市内湖区で発生した幼女通り魔殺害事件の繰り延べ裁判が4月16…
  3. 労働部職業安全衛生署は近頃、台湾全土にあるドリンクスタンドを無作為に20店抽出、…
PAGE TOP