台北ユニバマスコット失業 選手村は公団住宅に変貌

 

8月19日(日)~30日(水)の会期で行われた「台北ユニバーシアード2017」の閉幕に伴い、同大会の公式マスコット「熊讃ブラボー」が失業。9月1日(金)にはFacebookページにて「就業服務處に登録してきた」と投稿、再就職先を探していることを明らかにした。

同マスコットは大会の1年ほど前に誕生。以来公式グッズやポスターなども相次いで発表された。松山区の菓子店「募東方」では「熊讃ブラボー」とコラボしたパイナップルケーキを発売するなど、台湾らしいお土産品にも貢献した。

また国外の選手団1万2000人を受け入れた林口の「選手村」は、来年にも公団住宅として再生することがわかった。管轄業者によると、物件は4つの区域に跨る34棟からなり、店舗物件を含め計3048戸を有する。将来的に販売はせず、賃貸物件として中低所得者層に貸し出すという。

(9月6日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本のゲームアプリ「旅かえる」が海外で異例のヒットとなり、開発者も驚いていること…
  2. 台湾のネットユーザーが近頃、もっと日本人に台南を訪れてもらいたいとしてバニラ・エ…
  3. 労働基準法改正案が3月より施行されるのを前に、労働部法規会は2月6日(火)、労基…
PAGE TOP