サツマイモ売りの少女 屋台守りつつ勉学励む

 

花蓮縣から台東縣を結ぶ省道「台11線」の路肩で、近頃サツマイモ(地瓜)を売る傍ら、勉強する少女の姿がネットを中心に拡散され、関心を集めている。

少女は小学5年生で、兄と母親とともに暮らしており、自家栽培のサツマイモを1袋100元にて販売している。少女がサツマイモを売るのは台東縣卑南郷の省道。少女は来店客のいない隙を見つけては教科書を開いて勉強していた。写真を見た人々は、寒い中屋台を守る少女を早く帰宅させてあげたいとの思いから、サツマイモを買い上げようと呼びかけ、駆けつけたユーザーらがサツマイモを買い占めたという。

(1月28日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP